敏感肌の化粧品紹介・バリア機能をアップしてダメージのない肌に

スキンケアイメージ6

敏感肌で、化粧品を使うのをためらったり、どんな化粧品を使ってどのようにケアしていけばいいのか迷うことがあります。 敏感肌とは肌がどんな状態なのか、 敏感肌になる原因は何なのか、 どんな美容成分が敏感肌にいいのか、 どんな化粧品が敏感肌に対応しているのかを紹介していきます。

スポンサーリンク

1 敏感肌の症状とは

敏感肌の一般的な症状としては、次のようなものがあります

  ・化粧品をつけるとヒリヒリ・ピリピリする
  ・乾燥してカサカサする・粉をふいたようになる
  ・ニキビができやすい
  ・かゆくなったり赤くなったりする
  ・洋服や髪の毛などの少しの刺激で炎症を起こす
  ・月経前に肌が荒れる
  ・季節の変わり目に肌が荒れる
  ・ストレスがあるとニキビができやすい
  ・洗顔後に肌がつっぱる

2 健康的な肌と角層

皮膚は次の図のように「表皮」「真皮」「皮下組織」で構成されています。

肌の断面図・タイトル付き

この中で肌の一番表面にある「表皮」がバリア機能の働き(保湿と外部から刺激から肌を守る)をしています。

表皮のなかの「角層」が水分の蒸発を防ぎます。それに加えて、病原菌や花粉や乾燥などの外からの刺激をブロックしたり、紫外線から肌を守ります。

健康な肌のバリア機能

出典 ナチュラルウェブ 健康な肌のバリア機能

この「角層」にある「細胞間脂質」には、水分を蓄える「セラミド」があります。セラミドのおかげで、肌はうるおいを保つことができます。

3 敏感肌で起こっていること

敏感肌の肌では、肌のバリア機能が低下しています。

肌のバリア機能とは主に次の二つです。

  ・角質層から水分が蒸発するのを防ぐ
  ・刺激物が外部から侵入するのを防ぐ

バリア機能が低下すると、水分が失われて乾燥肌になります。
そして、外からの刺激物質が肌に入ってきやすくなって、かゆみやヒリヒリ・乾燥などがおこります。

バリア機能が壊れた肌の図

敏感肌は、紫外線や乾燥などの外部の刺激から肌を守る力が弱くて、角層が傷つけられて乱れた状態になりやすいです。
そのため、外部からの刺激に対して、さらにバリア機能が弱くなって、敏感肌の状態が進んでしまいます。

敏感肌の内部で起こっている状態については、
「コーセー カルテ クリニティ教えてドクター」のサイトでも説明されています。

4 肌荒れの二つのタイプ

肌荒れには、二つのタイプがあります。
「刺激性接触皮膚炎」と「アレルギー性接触皮膚炎」です。

「刺激性接触皮膚炎」とは化学物質の刺激によって起こる肌荒れです。
原因物質自体が持っている刺激や毒性原因で、アレルギーとは関係なく起こります。
化粧品が原因で起こる肌荒れはほとんどが「刺激性接触皮膚炎」です。

「アレルギー性接触皮膚炎」はアレルギーを起こす原因物質によって起こる肌荒れです。
原因物質とは、ほこり・ダニ・花粉・化粧品・アクセサリ・樹木などです。

5 敏感肌の原因 

タオルと石鹸

敏感肌になるのにはいくつかの原因が考えられます。

加齢

加齢で肌の表皮や真皮は薄くなり、コラーゲンも少なくなって弾力がなくなります。それに加えて、紫外線を防御する力も少なくなります。
そのために、少しの刺激でもお肌にダメージを与えることになります。

間違ったスキンケア

肌を引っ張る・こする・たたくなどの刺激や、合わない化粧品は肌に炎症をおこします。
この炎症が慢性的に起こることで、活性酸素が発生して肌にダメージを与えることになります。
これは炎症だけではく、老化にもつながります。

間違ったスキンケアとは次のようなケアのことです

 ・クレンジングをつけたまま、ながくおいたり強くこすったりする
 ・オイルクレンジングや、ふき取りタイプのクレンジングを使っている
 ・洗顔する時に、力を入れてゴシゴシ洗う
 ・強い力でマッサージする
 ・コットンで強くパッティングする
 ・会わない化粧品を使い続ける

その他

  ・ストレス
  ・睡眠不足
  ・ホルモンバランスの乱れ
  ・不規則な生活
  ・食生活の乱れ
  ・体質

6 おすすめ敏感肌用化粧品

NOV ノブ

「NOVノブ」は敏感肌用化粧品ブランドです。
「臨床皮膚医学に基づいて乾燥肌・敏感肌・にきび肌のスキンケアを考えます」がブランドのコンセプトです。

「NOVノブ」から「ノブ Ⅲシリーズ」「ノブ Ⅱシリーズ」「ノブL&Wシリーズ」の3種類を紹介します。

ノブ Ⅲシリーズ

ノブⅢシリーズ

出典 ノブⅢシリーズ

ノブ Ⅲシリーズは皮膚のバリア機能の低下で乾燥や肌あれを起こしやすい方に対応したシリーズです。低刺激性の高保湿化粧品シリーズです。

全品医薬部外品です。
無香料・無着色・低刺激・パッチテスト済み
アレルギーテスト済み(すべての方にアレルギーが起らないわけではありません)

トライアルセットは1週間分・7点セット・送料無料・税込み1,620円です。
ノブlll トライアルセット

ノブ Ⅲシリーズ公式サイト

ノブ Ⅱシリーズ

ノブⅡシリーズ 出典 ノブシⅡシリーズ

ノブ Ⅱシリーズは、刺激の原因となる成分をできるだけ排除し、配合する成分を厳選しています。
とても刺激をうけやすいお肌にもやさしい低刺激性のスキンケア化粧品シリーズです。

クリーン容器設計です。
無香料・無着色・低刺激・パッチテスト済み
アレルギーテスト済み(すべての方にアレルギーが起らないわけではありません)

ノブⅡシリーズ公式サイト

ノブL&Wシリーズ

ノブL&Wシリーズ

出典 ノブL&Wシリーズ

ノブL&Wシリーズは、敏感肌の方の高保湿エイジングケアシリーズです。

全品医薬部外品です。
持続型ビタミンC誘導体を配合しています。
無香料・無着色・低刺激・パッチテスト済み
アレルギーテスト済み(すべての方にアレルギーが起らないわけではありません)

トライアルセットは・送料無料・税抜き1.300円です。
ノブL&W トライアルセット

ノブL&Wシリーズ公式サイト

dプログラム

出典 dプログラム・資生堂

dプログラムは資生堂のデリケートな肌に対応しする低刺激化粧品シリーズです。
アンバランスな肌・乾燥しがちな肌・ニキビができやすい肌・年齢肌の4種類のタイプに対応した4つのシリーズがあります。

dプログラム 公式サイト

ディセンシア

ディセンシアはポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランドです。 このブランドの中で、「アヤナス」と「つつむ」の二つのシリーズを紹介します。

アヤナス

アヤナスコンセントレート4品

アヤナスは、敏感肌用化粧品ディセンシアの中でエイジングケアに対応したシリーズです 。
ストレスで低下したバリア機能をアップして、ハリ・弾力のある肌をめざします。

化粧水「ロションコンセントレート」は、通常のセラミドの20分の1の「セラミドナノスフィア」を配合しています。
乳液の「エッセンスコンセントレート」は肌の糖化に対応していて、「たるみ毛穴」や黄ぐすみ」に働きかけます。
「アイクリームコンセントレート」、「クリームコンセントレート」は独自の「ヴァイタサイクルヴェール®」を配合して、ハリ・弾力に対応します。
アイクリームもあります。

とろりとしたテクスチャーとリラックスできるさわやかな香りが特徴です。

トライアルセットは、税込み1,480円です。   
アヤナストライアルセット

アヤナス公式サイト

つつむ

ディセンシア「つつむ」

「つつむ」はディセンシアのうるおい保湿ケアシリーです。
敏感肌の方の中でも特に肌が弱い方、肌が特に敏感になる時期などに対応しています。
敏感肌・乾燥肌の原因である肌のバリア機能をアップし乾燥・炎症・かゆみに働きかけます。

アルコール不使用・香料不使用・紫外線吸収剤不使用
・皮膚科医立会いテスト承認済み・アレルギーテスト済・無着色

トライアルセットは初回限定1,470円です
ディセンシア「つつむ トライアルセット」

つつむ公式サイト

トゥベール「乾燥・敏感肌対策セット」

【セットだから大幅にお得】【送料無料】トゥヴェール楽天★乾燥・敏感肌対策セット

価格:9,280円
(2017/6/22 15:09時点)
感想(50件)

ビタミンC誘導体とセラミド配合の化粧品をたくさん取り扱っている「トゥベール」の「乾燥肌・敏感肌」対策用のセットです。(ビタミンC誘導体はこのセットでは配合されていません。)

エッセンスローション(化粧水)・ナノエマルジョン or セラミドミルク(乳液)・フェイスクリームの3点セットです。
3点ともセラミドを配合していて、1点ずつ購入するより10%お得です。

単品での購入もできます。トゥベール楽天市場店 で購入できます。

化粧水

EGF・各種アミノ酸配合老化対策成分を初め数多くの美容成分をまるごと多重層ナノカプセル化敏感肌・乾燥肌へお勧めの高保湿化粧水トゥヴェール 楽天★エッセンスローション

価格:3,672円
(2017/6/22 15:04時点)
感想(229件)

乳液

ヒト型セラミド4.5%配合トゥヴェール楽天★セラミドミルク

価格:3,450円
(2017/6/22 15:08時点)
感想(224件)

クリーム

EGFとαリポ酸をプラス多重カプセルをスーパーヒアルロン酸のゲルで包みさらにパワーアップした贅沢保湿クリーム乾燥対策にトゥヴェール 楽天★フェイスクリーム パワーアクティブ

価格:3,672円
(2017/6/22 15:07時点)
感想(366件)

7 肌のバリア機能に働きかける美容成分

肌の「表皮」の「角層」には「細胞間脂質」があります。この細胞間脂質の成分を補うことで、肌のバリア機能が改善されます。

その成分には、「セラミド」「アミノ酸類」などがあります。

セラミドとは

セラミドの働きには次のようなものがあります
  ・肌のバリア機能の改善
  ・シワを防ぐ
  ・肌のターンオーバーを促す

セラミドは次のように表示されています。
  ・セラミド1~7
  ・セラミド6Ⅱ
  ・セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド
  ・セレプロシド
  ・コメヌカスフィンゴ糖脂質

セラミドについては、「乾燥肌対策のためのセラミド配合の化粧品紹介 」
で紹介していますので、そちらも参考にしてみてください。

アミノ酸類

アミノ酸類の働きは、肌の保湿とバリア機能を改善することです。

アミノ酸は次のように表記されています。
  ・アスパラギン酸・アラニン・アルギニン・イソロイシン
  ・グリシン・グルタミン酸・クレアチン・セリン
  ・チロシン・テアニン・トレオニン・バリン
  ・ヒスチジン・ヒドロキシプロリン・フェニルアラニン
  ・プロリン・イシン・ロイシン

8 無添加化粧品・ノンケミカル化粧品・自然派化粧品・植物由来化粧品・オーガニック化粧品とは

化粧品

① 無添加化粧品とは

「無添加化粧品」は従来表示を義務付けられていた防腐剤や色素、香料など、102の成分を添加されていない化粧品のことです。
(現在では化粧品および医薬部外品の全成分表示が義務付けられています)
けれどもこの成分が配合されていないというだけでアレルギーが起こらない安全な化粧品を言えるわけではありません。

化粧品の成分はたくさんあり、102の成分だけがアレルギーを超すわけではありません。
反対に、この102の成分の中でも、研究開発がすすみ安全性が高まった成分もあります。

「無添加化粧品」は、102の指定成分が入っていないという意味では一つの指標にはなりますが、「無添加化粧品」なら安全性が保障されているといえるわけではありません。

 ②ノンケミカル化粧品

「ノンケミカル化粧品」、「ケミカルフリー化粧品」という表示は「無添加化粧品」と同じように安全性を保障する化粧品という意味ではありません。

ノンケミカルというと、化学合成原料が使われていないので安全だというイメージがありますが、化粧品は化学反応を利用した化学合成原料を使わないで作ることはできません。

「ノンケミカル」という表現は、実際には「紫外線吸収剤を使っていない」「日焼け止め」に使われることが多いです。

化粧品に使われている化学合成原料は、肌に悪いというイメージがあるかもしれませんが、必ずしも肌に悪いものばかりではなく、肌にとって役立つものもたくさんあります。

③ 自然派化粧品・植物由来化粧品・オーガニック化粧品

「自然派化粧品」とは、一般的には天然物を配合している化粧品に使われています。

自然というと、人工的に合成された成分よりも安全だというイメージがありますが、天然物にも肌にやさしくない物質もたくさんあります。

また、合成された成分でも安全でないということではありません。

同じように、「植物由来化粧品」や「オーガニック化粧品」も、安全で肌にやさしいというイメージがありますが、必ずしも安全性が保障されているものではありません。

9 敏感肌用化粧品を選ぶときの注意

化粧品を選ぶとき、化粧品にはどんな成分が配合されていて、その個々の安全性が確認されたものなのかどうかが大切です。

特に敏感肌の場合、イメージだけで選ぶのではなく、成分を確かめ、試供品やトライアルセットで試してみて、自分に合っているのか、アレルギーは出ないのかをしっかり確かめてから使うようにすることが大切です。

10 化粧日でカブレるのを防ぐには

  ・初めて使う化粧品は一品ずつ使用し、一度に複数の化粧品を変えない
  ・初めて使う化粧品は、少しずつ慣らしていく
  ・使用法をしっかり読んで、正しく使用する

  ・ある化粧品を使って肌にトラブルが起きれば、その化粧品の使用をやめる
  ・化粧品を使ったあと肌に違和感を感じたら、洗顔料を使わないですぐに水で洗い流し、
   ほかの化粧品もすぐには使わないで少し肌を休ませる

自分でできる簡単なパッチテスト
  化粧品をいきなり顔に使用するのではなくて、上腕の内側に500円玉くらいの大きさに
  つけて、次の日に肌の状態を見て化粧品があうかどうか自分で確認する。

11 まとめ

敏感肌とは、肌のバリア機能が低下して肌の水分が失われて乾燥肌になったり、外からの刺激物質が肌に入ってきやすくなって、かゆみやヒリヒリ・乾燥などがおこる状態のことです。

肌のバリア機能に働きかける美容成分は「セラミド」「アミノ酸類」です。

化粧品があうあわないは、ひとりひとりで違います。
自分で実際に試してみて、それから購入するほうが安全です。

試供品やトライアルセットで、まずは腕などでパッチテストをしてから使うようにすると安心です。

もし、化粧品で肌に違和感を感じたら、すぐに使用を中止することが必要です。

スポンサーリンク


      

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です