ナイアシンの働きとおすすめ化粧品

化粧品イメージ2

ナイアシンはビタミンC誘導体と同じように、コラーゲンを作ることを助けます。また、肌の代謝を促進します。そのため、たるみやシワを防ぎ、お肌のハリや弾力を保つことが期待できます。

このナイアシンの働きとナイアシン配合の化粧品を紹介します。

スポンサーリンク

1 ナイアシン・ナイアシンアミドとは

ナイアシンはビタミンB3 とも言われ、水溶性のビタミンで、ビタミンB群の一種です。
化粧品の成分表示では「ナイアシンアミド」とも表記されています。

ナイアシンアミドは水に溶ける水溶性なので、クリームなどより化粧水や美容液に配合されていることが多いです。

ナイアシンアミドは、化粧品以外にも動脈硬化やメタボリックシドロームを防ぐためのサプリメントとしても使われています。

2 ナイアシン・ナイアシンアミドの働き

ナイアシンは水溶性のビタミンB3で、ビタミン誘導体やレチノールと同じようにコラーゲンを増やす働きがあります。そのため肌の弾力をキープし、シワやたるみを防ぐ効果が期待できます。

また、ナイアシンはセラミドの生成も助ける成分です。セラミドはお肌の水分をつなぎとめている保湿物質で、お肌のうるおいを保ってくれます。

ナイアシンは肌の代謝を促進し、お肌のターンオーバーに働きかけて、肌の再生を促します。

ナイアシン・ナイアシンアミドの働き

 ■ お肌のコラーゲンを増やして、シワ・たるみのを防ぐ

 ■ 肌の代謝を高め、肌にハリを与える

 ■ お肌のバリア機能を回復して肌荒れ防止

 ■ 血行を促進してクスミを防ぐ

3 ナイアシン・ナイアシンアミドの使い方

ナイアシンは、ビタミンC誘導体やレチノールなどの美容成分に比べて、刺激が少ない成分です。

ビタミンC誘導体やレチノールを使ってみたけれども、赤みが出たりかぶれたりした方、お肌が弱いけれどもエイジングケア対策をしたい方は、ナイアシンを試してみるのがおすすめです。

たるみとシワ対策にコラーゲンを増やす3つの美容成分
たるみやシワをケアするにはどのような化粧品を使ったらいいのでしょうか。 化粧品の成分にはいろいろの種類があります。どの成分がどのような症状...

ナイアシン配合の化粧品は、朝晩のお手入れの時に、顔全体に使います。

4 ナイアシン・ナイアシンアミド入りの化粧品

ドクターソワ モイストリフトプリュスセラム

モイストリフトプリュスセラム

モイストリフトプリュスセラム

ドクターソワ社の美容液

ナイアシンアミド・DMAE・トコフェロール・αリポ酸・カルノシン・レチノール・サクシノイルアテロコラーゲン配合

緩んだ顔の筋肉を鍛え、たるんだ肌を引き締めてリフトアップ

公式サイト モイストリフトプリュスセラム

モイストリフトプリュスセラムの口コミ

シーボディ イデアアクトプラチナVCセラム

シーボディ イデアアクトプラチナVCセラム

プラチナVCセラム

ナイアシンアミド他、コラーゲン生成力を助ける先進ペプチド成分や、プラチナナノコロイド・最新型ビタミンC誘導体・アルブチン・植物エキス、プラセンタエキス、ケイ素などを配合

公式サイト プラチナVCセラム

イデアアクトプラチナVCセラムの口コミ

インペリアル HIN ビューティローション コンセントレート

インペリアルHIN ビューティローション コンセントレート

大人のニキビケアとエイジングケアを一緒にケアできる化粧水です。

カツウラ インボークW

カツウラ-インボークW

>カツウラ インボーク W 30mL

価格:2,380円
(2017/3/15 18:07時点)

「ホワイトルービンエキス」「カンゾウ葉エキス」「イチジク樹皮エキス」の3つのセラミドサポートエキスを配合

公式サイト カツウラ インボークW 

カツウラ インボークWの口コミ

サインズ アップ・リフター  SK-II

サインズ-アップ・リフター

肌を引き締め、肌本来の働きを整えハリをゆるめない肌に導きます。
さらさらの使用感で、長時間保湿が続きます。

公式サイト サインズ アップ・リフター  SK-II

サインズ アップ リフター SK-II の口コミ

ドクターY モイストバリアエッセンス

ドクターY モイストバリアエッセンス

メディアにもよく登場される皮膚科医吉木伸子先生開発のコスメ。
商品ページ内にはナイアシンの説明もあります。

ドクターY モイストバリアエッセンス の口コミ

5 まとめ

ナイアシンはビタミンB、ナイアシンアミドとも言われ、年齢肌対策に用いられる美容成分です。

コラーゲンを増やす働きや、シミ・シワ・たるみを防ぐこと、うるおいを保つこと、クスミを防ぐことなどが期待できます。

刺激が少ないので、お肌が弱いの年齢肌対策にもおすすめです。
けれども、肌が赤くなったりすることもあるので、肌の状態をよく注意しながら使うことが大切です。

スポンサーリンク


      

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です