日焼け止め化粧品のおすすめ紹介・敏感肌用・顔用・パウダータイプなど!

紫外線は、シミやしわ、たるみ、お肌の弾力の低下などの原因になります。また、長い時間紫外線を浴び続けることで、皮膚がんにつながることもあります。

この紫外線を防ぐためには、日焼け止めの化粧品を効果的に使いたいものです。

おすすめの日焼け止め化粧品紹介と、日焼け止めはどのように選んだらいいのか、日焼け止めの種類にはどんなものがあるのか、敏感肌にはどんな日焼け止めがいいのかを紹介していきます。

スポンサーリンク

1 紫外線の肌への影響

紫外線とは

私たちが日常浴びている太陽光線には、「紫外線」」「可視光線」「赤外線」があります。

これらの中では、紫外線が一番波長が短く、UVA、UVB、UVCに分けられます。
紫外線の中で、UVCは大気層で吸収されるので、地表に届くのはUVAとUVBです。

UVA(紫外線A波)とは

紫外線による肌のダメージ

UVAは、皮膚の奥、真皮層にまで届くのが特徴です。肌を黒くしたり、コラーゲンを破壊し大きなしわやたるみの原因になります。

急激に肌に作用する力は弱いのですが、蓄積されて肌にダメージを与えます。

UVB(紫外線A波)とは

UVBは、UVAに比べると、比較的肌の浅いところにまでしか到達しないのですが、肌への作用が大きいです。短時間でも、肌が赤くなったりヒリヒリとした炎症を起こす原因になります。

角質層の乾燥を招いて、皮膚細胞のDNAに傷をつけ、シミやシワ、炎症の原因になります。

紫外線によってシミができるプロセス

出典 聖心美容皮膚科 しみ・そばかす

紫外線を浴びることによって、肌にメラニン色素が作られます。このメラニン色素は紫外線を吸収して肌を守る役目をします。

けれども、紫外線を多く浴び続けると、メラニン色素が過剰に作られて肌のターンオーバーでは排出できなくなり、シミ・ソバカスの原因になります。

詳しくは →→ シミを防ぐ化粧品紹介とシミの原因

2 紫外線はこんな時でも注意

紫外線の中でUVBの量は夏に多くて、冬はその約5分の1です。けれどもUVAの量は冬は2分の1位で、季節によってあまり変動はありません。冬でも紫外線対策は必要です。

紫外線の年間変動

出典 きょうの健康 夏の紫外線対策

そして、日中と朝方や夕方では紫外線UVAの量には大きな差がありません。朝や夕方でも紫外線対策が必要です。

また、曇りの日でも、薄い雲ならUVBは80%以上が透過します。
曇りの日は晴れた日の65%・雨の日なら20%は地表に届きます。
曇りの日や雨の日も対策を忘れないようにしましょう。

ガラスもUVカットの物でなければ紫外線を透過します。窓ガラスの近くや車の中での紫外線には注意が必要です。

雪や砂浜は紫外線を多く反射します。水の中でも紫外線は透過するので注意が必要です。夏の海や山、冬の雪山でのレジャーでは紫外線対策が大切です。

3 日焼け止め化粧品の「SPF」 と「PA」の違い

日焼け止め化粧品に表示されている「SPF」 と「PA」とは何を表しているのでしょうか。
「SPF」 と「PA」は、どの種類の紫外線に対して日焼け防止をするのかを表していて、その後の値は効果の力を表す値です。

次の表は「SPF」 と「PA」の効果をまとめたものです。

シーンに合わせた日焼け止めの選び方

出典:環境省 紫外線環境保健マニュアル

SPFとは

まず、「SPF」とは、紫外線のUVBを防ぐ力の値です。日焼け止めを何も塗らなかった時に比べて、日焼けをするまでの時間を何倍のばせるかの目安です。

日焼け止めを塗らなかった場合の時間を20分として
    SPF 30なら  20分×30=600分
    SPF 40なら  20分×40=800分
まで日焼けを防げるという意味です。

ただし、この値はあくまで目安なので、強烈な太陽にさらされる環境では、SPF値はより高いものを選ぶなどの気を付ける必要があります。

シーンごとの目安としては
  SPF 10~30  散歩や買い物などの日常生活
      30~40  屋外での軽めのスポーツやレジャー
      50+   炎天下での海や山やリゾート地でのレジャーやスポーツ

PAとは

「PA」は紫外線のUVAを防御する力の値です。
「+」を使った4段階で表示されます。
UV効果に対して次のような意味があります。

   PA+      効果がある
   PA++     かなり効果がある
   PA+++     非常に効果がある
   PA++++    効果が極めて高い

4 ノンケミカルと紫外線吸収剤、紫外線散乱剤

日焼け止めの成分には「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」があります。

紫外線吸収剤

「紫外線吸収剤」とは紫外線のエネルギーを吸収して熱などに変える物質です。
「紫外線吸収剤」が紫外線を吸収する時には、肌の上で化学反応をおこします。
そのため、肌への刺激が強く、肌のトラブルをおこすこともあります。

もともと透明で、塗った時に白浮きしません。

紫外線吸収剤の表記としては以下のようなものがあります。

 ①UVAを吸収する紫外線吸収剤
     オキシベンゾン(-1・-3・-4・-5)
     t-プチルメトキシジベンゾイルメタン
     ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル

 ②UVBを吸収する紫外線吸収剤
     オキシベンゾン(-9)
     メトキシケイヒ酸エチルヘキシル

 ③UVAとUVB両方吸収する紫外線吸収剤
     オキシベンゾン(-2・-6) 

紫外線散乱剤

「紫外線散乱剤」は、紫外線を肌の上で反射・散乱させて肌に届かないようにする物質です。
とても小さくした粉を肌に塗ることで、紫外線を反射させるという仕組みです。

細かい粘土質の粉や酸化チタンなどの金属の粉などが使われます。肌がかぶれたりすることは少ないかもしれませんが、肌が乾燥することがあります。

紫外線散乱剤は、以前は塗った時に白浮きしやすかったのですが、最近では粉をナノレベルにまで小さくして、白浮きしにくくしています。

紫外線散乱剤の表記としては
     酸化チタン・酸化亜鉛などがあります。

ノンケミカル

日焼け止めで「ノンケミカル」というのは、「紫外線吸収剤」を含んでいないという表示です。「紫外線吸収剤フリー」とも表示されます。

5 日焼け止めの種類

① クリームタイプ

保湿成分が入っているものがあり、保湿効果が期待できます。化粧下地として使えるものも多いです。
けれども、油分が多いので、肌荒れやニキビにつながることもあります。

汗などで落ちにくいのがメリットですが、自分で洗い落とすときにも落ちにくいので、クレンジングで洗顔する必要があります。

② ミルクタイプ

ミルクのようにさらっとして肌になじみ、伸ばしやすいです。
クリームタイプほどではないですが、保湿成分が入っているものがあります。

③ ローションタイプ

液体タイプなので伸びがよく、化粧水のような使い心地です。肌にもやさしいです。

透明のものが多いので、白く浮き出る心配がありません。
汗で落ちやすいのがデメリットです。

④ パウダータイプ

ファンデーションや日焼け止めの上から手軽につけることができます。
落ちやすいですが、ぬりなおしも簡単です。

パウダータイプだけで使うより、ファンデーションや日焼け止めと合わせて使う方が効果的です。

⑤ スプレータイプ

吹きかけて使うタイプで、顔・髪・ボディに使えます。簡単に塗りなおせるので手軽です。

6 顔用 日焼け止め化粧品紹介

アスタリフトホワイト パーフェクトUVクリアソリューション

アスタリフト パーフェクトUVクリアソリューション

<SPF50+・PA++++>
アスタリフト ホワイトシリーズの美容液 兼 化粧下地です。
UVA波の中でも肌の奥*1にまで届く紫外線を防御する「D-UVガード*2」を配合しています。   
さらっとした付け心地のテクスチャーです。

     *1 角層まで :*2 酸化チタン、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン(紫外線防御剤)

アスタリフト ホワイト守りと攻めの美白トライアル780円+税

アスタリフト公式サイト

UVクリアソリューション 価格が安い順一覧(楽天市場)

ランコム 「UV エクスペール XL CCC」

ランコム UV エクスペール XL CCC

<SPF50・PA++++>
UVB、UVA、ロングUVAからのブロックと、ブルーライト、大気汚染からも肌を完璧にプロテクトする最先端のUVケアです。
ブルーライト対応なので、パソコンで長時間作業する方にはおすすめです。
マキアベストコスメ2016上半期 ベスト・オブ・ベスト大賞を受賞しています。

ランコム公式サイト

ランコム「UV エクスペール XL CCC」 価格が安い順一覧(楽天市場)

ビーグレン ヌーディーヴェール

ビーグレン ヌーディーヴェール

<SPF36・PA++>
肌にうるおいを与えながらUVカットします。
顔にあたる光をコントロールする効果と、一日中肌にフィットして崩れにくくする効果がある化粧下地です。

公式サイト ビーグレン

資生堂アネッサ 「パーフェクトUV アクアブースター」

資生堂アネッサ 「パーフェクトUV アクアブースター」

SPF50+・PA++++
さらさらした使用感の、顔・からだ用日やけ止めです。
日やけ止め用乳液で、石鹸でスルッと洗い落とせます。

資生堂 アネッサ公式サイト

パーフェクトUV アクアブースター 価格が安い順一覧(楽天市場)

アクセーヌ 「スーパーサンシールド EX」

アクセーヌ スーパーサンシールド EX

<SPF50+・PA++++>
低刺激性で、ノンケミカル(紫外線吸収剤フリー)です。
無香料・アルコールフリー・ノンコメドジェニックテスト済です。
ウォータープルーフタイプで化粧下地と日焼け止めをかねて使えます。

アクセーヌ公式サイト

スーパーサンシールド EX 価格が安い順一覧(楽天市場) 

日焼け止めパウダー

エトヴォス ミネラルUVパウダー

エトヴォス ミネラルUVパウダー

<SPF50+ PA++++>
エトヴォスの日焼け止めパウダーです。
メイクの上から何度でも日焼け止めを簡単に塗りなおせます。
ヒト型セラミドを5種類配合し、ノンケミカルです。

エトヴォス ミネラルUVパウダー 公式サイト

楽天市場でも購入できます ↓

エトヴォス ミネラルUVパウダー 【RCP】楽天 通販 化粧品 @コスメ アットコスメ クチコミ ロコミ ランキング

価格:3,024円
(2017/6/5 15:16時点)
感想(3件)

msh タイムシークレット ミネラルUVパウダー

タイムシークレット ミネラルUVパウダー

<SPF50+ PA++++>
UV フェイスパウダーです。
日焼け止め下地にプラスして使うとより紫外線対策になります。
うるおい成分を配合し、肌色補正効果もあります。
税込み 1,944円

敏感肌用日焼け止め・低刺激日焼け止め

敏感肌用の日焼け止めおすすめ品紹介と選ぶときのポイントでも敏感肌用の日焼け止めを紹介しています。

資生堂 dプログラム「アレルバリアエッセンス」

<SPF40・PA+++>
敏感肌用化粧品、dプログラムシリーズの敏感肌用 日中用美容液。
化粧下地として使えます。
ノンケミカルで赤ちゃんにも使えます。(新生児を除く)
ウオータープルーフタイプ。石けんで落とせます。

紫外線はもちろん、花粉・ちり・ほこりなどの微粒子汚れもバリアします。
「アレルバリアエッセンスBB」という色付きタイプもあります。

アレルバリアエッセンスの公式サイト

アレルバリアエッセンス 価格が安い順一覧(楽天市場)

アルージェ UV モイストビューティーアップ

モイストビューティーアップ

<SPF20・PA++>
敏感肌用化粧品シリーズ 「アルージェ」の日焼け止めベース乳液です。
UVカット、スキンケア、化粧下地の働きがあります。
紫外線吸収剤、界面活性剤フリーの低刺激処方です。

アルージェ UV モイストビューティーアップ 公式サイト

モイストビューティーアップ 価格が安い順一覧(楽天市場)

資生堂 サンメディック

サンメディック

①サンメディックUVデイプロテクト(ノンケミカル)

SPF31・PA++
子供でも使える低刺激性処方です。
無添加:防腐剤(パラベン)・無香料・無着色・鉱物油・アルコールフリーです。
紫外線を浴び続けても、防御力が長続きします。

サンメディックの公式サイト

楽天市場でも購入できます ↓

資生堂 サンメディックUV デイプロテクト(ノンケミカル) 30g

価格:2,527円
(2017/6/5 16:13時点)

サンメディックUV薬用デイプロテクトマイルド 価格が安い順一覧(楽天市場)

画像は 「サンメディックUV薬用デイプロテクトマイルド」で「サンメディックUVデイプロテクト(ノンケミカル)」よりUV効果は高いですが、「サンメディックUVデイプロテクト(ノンケミカル)」の方が刺激は弱いです。

「サンメディックUV薬用デイプロテクトマイルド」は
SPF50+・PA++++
無添加:防腐剤(パラベン)・無香料・無着色・鉱物油・アルコールフリーで低刺激性です。

サンメディックUV薬用デイプロテクトマイルド 価格が安い順一覧(楽天市場)

■もっと敏感肌用の日焼け止めを見る →→「敏感肌用の日焼け止めおすすめ品紹介と選ぶときのポイント」

■敏感肌用の化粧品全体を見る →→「敏感肌の化粧品紹介・バリア機能をアップしてダメージのない肌に 」

まとめ

地上に届く紫外線は、UVAとUVBの二つの種類があります。
紫外線は、日中だけでなく朝夕でも、曇りや雨の日でも、室内でも車内でも届いています。

紫外線対策用の日焼け止めには色々のタイプがあるので、自分の肌の状態と、使う目的によって選びます。

日焼け止めは刺激があるものもあります。
どれが自分に合うかは、ひとりひとり違います。
実際に試してみるのが一番です。

スポンサーリンク


      

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です