たるみやシワなどの肌の老化につながる身近な6つの原因

たるみの原因を知り予防と対策をしよう

たるみやシワの原因とはいったい何なのでしょうか。その原因を探りながら、予防法や対処法を考えていきます。

スポンサーリンク

1  加齢による肌弾力の低下

たるみやシワの原因を考えるうえで、まずは皮膚の構造を知りましょう。

肌の断面図

皮膚は外側の「表皮」と内側の「真皮」にわけられます。そして真皮から表皮に食い込むように突出している「真皮乳頭」で、真皮と表皮が密接に結合されています。

20代以降は、その結合力が弱くなります。そして年々表面のコラーゲンとエラスチンが減少するため、皮膚は弾力性を失い、重力によってたるんだ感じとなり、たるみやシワができます。

2 紫外線

2-1 紫外線による肌老化

肌の老化に一番影響を与えるのは紫外線です。

日光を浴びると、肌にはメラニン色素が作られます。このメラニン色素は、肌のターンオーバーによって排出されますが、紫外線を長時間繰り返し浴びることによって、メラノサイトの数が増えてシミができてしまいます。

紫外線による肌のダメージ

紫外線が肌の真皮まで到達すると、肌のコラーゲンが減少し劣化や変性がすすみ、エラスチンとのネットワークが破壊され、肌の弾力がなくなってたるみやシワができやすくなります。

紫外線による肌のダメージは、毎日じわじわと蓄積されて、それがあるレベルに達したときにたるみやシミとして急に現れてきます。

健康な肌としわになった肌

紫外線は、曇りの日も冬の日も冬でも量こそ違っても毎日降り注いでいます。一年を通じて、生活の中で少しずつ紫外線を浴び、それが蓄積されることがシミの大きな原因になります。

2-2 紫外線と化粧品

紫外線

紫外線を浴びると増えるメラニン色素。このメラニン色素の生成を抑える作用があるのが、化粧品の美白成分です。けれども、紫外線によって細胞のDNAが傷つき、肌の構造が変形してできたシミは、この美白成分では薄くなりません。

日頃から紫外線対策をしっかりとして、メラニンの生成を防ぐとともに、肌がダメージを受けてしまわないように予防することがとても大切です。

3 活性酸素

鉄がサビたり、バナナの切り口が茶色くなったりするのは、酸素によって物質が酸化するためです。活性酸素とは、酸化させる力の強い酸素のことで、普通の酸素に比べて化学反応を起こしやすい酸素です。

この活性酸素が体内で大量に発生すると、細胞や遺伝子を傷つけて、シミやシワなどの老化を引き起こします。また、がん細胞の発生にもかかわってきます。人は呼吸するだけ活性酸素を発生します。

活性酸素を多く生み出す原因は

■激しすぎる運動

■紫外線を浴びる

■過労や強いストレス

■喫煙

■食品添加物や大気汚染などの化学物質

■甘いものの摂りすぎ

■酸化した油

これらをすべて避けることはできませんが、できるだけ避けて抗酸化力を高めることが必要です。

4 血行不良

血液を運ぶ血管は、末端に行くと細い毛細血管になります。血管の働きは、体内に酸素と栄養を送り、不要になった二酸化炭素と老廃物を回収することです。毛細血管によって、体の隅々までこの働きがいきわたります。

ところが、加齢に伴って血管が硬くてもろくなり、血行が悪くなります。血行が悪くなると、肌に充分な酸素と栄養がいきわたらなくなり、老廃物もたまってしまいます。その結果肌老化が進みます。

血行不良を起こす原因は

■加齢

■運動不足

■喫煙

■不規則な生活

■体を冷やしたり、冷たいものを飲酒する

などです。これらの原因を避け、血行が維持できるようにつとめることが大切です。

5 肌の炎症

タオルと石鹸

間違ったスキンケアを続けていると、肌に慢性的な炎症を起こしてしまいます。炎症によって活性酸素が発生して、肌の老化につながります。

間違ったスキンケアとは

■コットンなどで肌をパンパンとたたく

■クレンジングをふき取るためにコットンやティッシュなどで強くこする

■強い力でゴシゴシと肌をこすり洗顔する

■強くマッサージする

■合わない化粧品を使続ける

日々のお手入れの方法を見直して、炎症によるダメージを避けるように気を付けることが大切です。

6 クセや生活習慣

顔面では筋肉が皮膚に直接接しているため、筋肉がうまく使われないと一部の筋肉が過剰に活動することになり、たるみやシワが形成されていきます。顔の筋肉だけでなく、体全体の筋肉の使い方にも注意する必要があります。

たるみやシワにつながるクセや生活習慣とは

■デスクワークで長時間下を向く

■ほおづえをつく

■眉間にシワをよせる

■猫背・歯ぎしり

■足を組んで座る

■高い枕で寝る

などです。クセや生活習慣を見直してみることが大切です。

7 たるみ・シワ・シミを予防するための化粧品

肌はコラーゲンによって弾力が保たれています。コラーゲンを増やす働きのある化粧成分を含んだ化粧品を使うことは、たるみ・シワ・シミを予防することにつながります。

コラーゲンを増やす働きのある美容成分と化粧品については、たるみとシワ対策にコラーゲンを増やす3つの美容成分 で紹介しています。

たるみとシワ対策にコラーゲンを増やす3つの美容成分
たるみやシワをケアするにはどのような化粧品を使ったらいいのでしょうか。 化粧品の成分にはいろいろの種類があります。どの成分がどのような症状...

8 まとめ

たるみやシワの原因には、加齢・紫外線・活性酸素・血行不良・肌の炎症・クセや生活習慣などがあります。

普段何気なく行っていること、良かれと思っていることがたるみやシワにつながることがあります。

原因をよく知りることは、たるみやシワの対策につながります。

スポンサーリンク


      

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です